乳酸菌青汁が腸内フローラを改善する|食物繊維が善玉菌の餌になる

乳酸菌青汁で腸内フローラを整える

 

こんにちは、中島です。腸内フローラを整えるためには発酵食品がお勧めです。

 

食生活が変わり発酵食品をとる機会が減っています。

 

それが腸内フローラのバランスが崩れている原因かもしれません。


 

乳酸菌青汁で腸内フローラを整える

乳酸菌で腸内フローラをサポート

最近の青汁は、野菜だけでなく乳酸菌を配合しているタイプもあります。もし、腸内フローラのバランスを改善したいと思って青汁を飲むなら乳酸菌が配合されているタイプがお勧めです。

 

乳酸菌が含まれているので、善玉菌の割合が増えますし、悪玉菌の増加を抑えてくれます。例えば、乳酸菌が胃酸で死んでしまったとしても善玉菌の餌になるので、善玉菌の繁殖になります。

 

ただ、外部から得た乳酸菌は腸で住み着く可能性は低いので毎日乳酸菌入りの青汁を飲む必要があります。腸に入った後は、2〜3日程度は働いた後に便として排泄されます。

青汁の食物繊維が善玉菌を元気にする

青汁の最大の魅力は、野菜をしっかり摂れる事がです。ご存知の通り、野菜の食物繊維を取れるから体にとてもいいです。便秘の人は、食物繊維をとるといいと言われてますよね。

 

食物繊維は、腸内フローラを改善する働きがあります。食物繊維は、善玉菌の餌になり繁殖します。悪玉菌より善玉菌の割合が多くなれば、腸内フローラが改善されるわけです。

 

 

腸内フローラが整うと太りにくい体質に!