腸内フローラを改善すれば便秘を解消できる|食物繊維で腸内環境をよくする

腸内フローラを整えて便秘解消に!

 

便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整える事で改善する事が出来るかもしれません。

 

腸内フローラを改善する事で、腸の動きが良くなりますし、食事内容も変えなければいけないので、それに伴って良くなる可能性は充分にあります。


腸内フローラとは?

私達の腸内には、多種多様な種類の菌が存在しています。その菌の織りなす生態系を「腸内フローラ」や「腸内細菌叢」と言います。腸には、100〜1000兆個の菌が生息しており、似たような働きを持つ腸内細菌同士が集まっています。

 

 

腸内細菌のグループは、大きく分けると3つに分ける事が出来ます。腸内に良い影響を与える「善玉菌」腸内に多過ぎると悪影響を与える「悪玉菌」どちらでもない「日和見菌」の3つです。

 

 

理想的な腸内フローラは、善玉菌が2割りで悪玉菌が1割り、残りの7割りが日和見菌です。腸内細菌の半分以上が日和見菌になります。このバランスを維持する事が腸内フローラを整えるという事になります。

 

そのためには、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の働きや善玉菌を増やす方法について理解する事がとても大切です。以下から菌について解説していきます。また、腸内フローラを整える事の重要性についても解説していきます。

 

腸内フローラと便秘の関係とは?

便秘は腸内環境が悪いサイン

腸内環境が悪いというのは、腸内フローラのバランスが悪く悪玉菌の方が優位になっている状態です。腸内細菌のバランスが悪くなってしまうと便秘になってしまう方が多いです。

 

簡単に便秘というのは、難しく個人差が出るためこういった状態だと便秘というのは難しいのです。お腹の調子が悪かったり、排便が3日以上もない場合は、便秘として対処した方がいいのではないかと思います。

 

お腹の調子が悪いと感じたなら一度病院に行って相談をするようにしましょう。また、便秘は、本当に色々な原因があるので腸内環境が悪いだけではない可能性もあります。

 

ただ、当サイトでは、腸内環境が悪いという前提でお話をしていきます。しっかりと原因を特定するためには、やっはり病院にいかない事にはわからないという事をしっかり理解してください。

便秘が体調不良を引き起こす

「私、便秘なんだよね〜」という人がいますが、便秘は体調不良や肥満を引き起こしている原因にもなっています。便秘になると長時間、便が溜るので老廃物も溜っていきます。

 

通常なら排泄されるのですが、老廃物が長時間滞在していると、腸から血管に吸収されてしまい、それが全身に回ってきてしまいます。それが、肩こりや頭痛、冷え性、だるさなどを引き起こしてしまっています。

 

また、便秘は肥満にも関係している事が分かりました。腸内環境が悪くなると栄養吸収が上手に行わられなくなってしまいます。つまり、栄養をきちんと使われなくなってしまうのでそれが脂肪としてたまってしまいます。

 

栄養の吸収が上手く行われないため、エネルギーを必要以上にとらなくてはいけないので、太りやすい状態になっています。

便秘を放置してはいけない

便秘を放置してはいけません。便秘であると腸内環境が悪い状態です。放置してしまうとさらに腸内環境が悪化して便秘が悪化します。体調不良にもつながり本当に良くありません。

 

腸内環境が悪いと重大な病気になってしまう事があります。アレルギーや非アルコール性脂肪肝炎など引き起こす菌がる事も分かっています。それだけ、腸内環境を改善する事は非常に重要なんです。

 

そして、よく言われるのが、大腸がんです。大腸がんは、腸内環境の影響を受けやすいのは想像する事が出来ると思います。腸内細菌が慢性的な炎症を起こしてバリア機能を低下させそれが原因と呼ばれています。

 

どちらにせよ、腸内環境の悪化は非常に危険な病気を引き起こしてしまう可能性がある以上は、しっかりと腸内環境を整えてあげる事が大切です。

腸内フローラや便秘を解消する方法

シンバイオティクスで腸内フローラを整える

シンバイオティクスは、プロバイオティクスとプレバイオティクスの事です。プロバイオティクスは、乳酸器などが含まれている食品の事でヨーグルトなどの発酵食品の事です。

 

プレバイオティクスとは、善玉菌の餌となる食品の事です。例えば、食物繊維やオリゴ糖などの事です。善玉菌が繁殖するための餌です。

 

腸内環境をよくするためには、プロバイオティクスとプレバイオティクスの2種類の食品を合わせて食べるのが腸内フローラを改善するのにお勧めです。

 

腸内フローラを改善するために、食事が重要なわけですが、今回は食物繊維が腸内環境をよくして便秘解消にもつながります。

食物繊維が多い食事が腸内環境も便秘を解消する

食物繊維は、善玉菌の餌になるため善玉菌を増やして腸内フローラを整えるのに一番お勧めの食べ物です。食物繊維は、便秘を改善するためにも一番いい食材なんです。

 

食物繊維には、水に溶けない不溶性食物繊維と水に溶ける水溶性食物繊維の2種類があります。不溶性食物繊維は、腸の中で便のカサを増やす働きがあります。ただ、食べ過ぎてしまうと便が硬くなって便秘が悪化する可能性があります。

 

水溶性食物繊維は、水分を含んで便を柔らかくする働きがあります。さらに、腸内の有害物質と吸着して運び出す働きもあります。

 

不溶性と水溶性の理想的なバランスは、2:1でとる事です。どちらかに偏った食事では、食物繊維の本来の働きを得る事は難しいです。

腸内フローラを整える商品を利用する