腸内フローラを整えるとアレルギーが軽減する|Tレグが免疫の暴走を抑える

腸内細菌がアレルギーに関係している

 

日本人のほとんどの人がアレルギーではないかと思うぐらいマスクをしている人が多いですよね。

 

最近の研究では、腸内細菌がアレルギーに関係しているのではないかと言われています。

 

腸内フローラを整える事でアレルギー反応が軽くなるかもしれません。


 

腸内フローラとアレルギーの関係とは?

アレルギー反応とは?

日本人のアレルギー反応と言えば、花粉症やアトピー性皮膚炎、ぜんそくなどです。これらは、免疫が暴走する事で引き起こされます。

 

本来の免疫細胞(白血球)は、外敵から侵入してきたウィルスや病原菌などと戦い排除します。この免疫細胞が体全身を調査して排除する働きがあるわけです。

 

でも、この免疫細胞が暴走する事でアレルギー反応が出ます。例えば、体に害がない花粉に白血球が過剰に反応してししまうことで花粉症が起きてしまいます。

 

このアレルギー反応が腸内細菌と関係あるという事で、腸内フローラを整えればアレルギー反応を軽減できるのではないかと考えられています。

免疫細胞の一種Tレグが重要

免疫細胞の一種であるTレグがアレルギー反応に大きく関わっています。このTレグは、他の免疫細胞の暴走を抑える働きがあります。過剰に反応してしまった免疫細胞をTレグがそんなに反応するなよ!と抑えてくれるわけです。

 

Tレグを作るために必要なのが腸内細菌です。元々は、未熟なT細胞がTレグに変化します。そのためには、腸内細菌が出す短鎖脂肪酸(酪酸)によってDNAのスイッチを切り替える事が大切なんです。

 

逆に、この短鎖脂肪酸が少ないと未熟なT細胞は、攻撃的なT細胞に変化しウィルスや菌などに過剰に反応してしまいます。Tレグを作り出す事で、アレルギー反応を抑える事ができれば軽減できる可能性があるわけです。

短鎖脂肪酸を増やすためには?

Tレグを増やすためには、短鎖脂肪酸(酪酸)を増やす必要があります。この短鎖脂肪酸を作る腸内細菌は、食物繊維を餌にして短鎖脂肪酸を増やします。

 

短鎖脂肪酸を作る腸内細菌は、腸内フローラが整えられている状態でないといけません。腸内フローラのバランスが悪い人の腸内細菌は、短鎖脂肪酸を作る量が少ないです。

 

だから、食物繊維をとる事で善玉菌の餌になり腸内フローラが改善されます。すると、短鎖脂肪酸を作る量が増えるので未熟なT細胞がTレグに変化する可能性が高いわけです。

 

実際に、アレルギーがどの程度軽減するかはこれからの研究しだいです。まだまだ、分からない事も多いので新しい新事実も見つかると思います。これからの研究に期待したいですね。