腸内フローラとエクオールの関係とは?|腸内細菌が作る若返り細胞

腸内細菌がエクオールを作る

 

日本人のほとんどの人がアレルギーではないかと思うぐらいマスクをしている人が多いですよね。

 

最近の研究では、腸内細菌がアレルギーに関係しているのではないかと言われています。

 

腸内フローラを整える事でアレルギー反応が軽くなるかもしれません。


 

腸内フローラとエクオールの関係とは?

エクオールの働きとは?

エクオールは、肌の健康を保つ物質です。30代以降も若々しくみられるのは、このエクオールがカギになっています。実際に、エクオールを使った実験があります。

 

目尻のシワが気になる人にエクオールを飲ませたところ、シワが浅くなったという結果があります。これは、プラセボ効果と加味しても優位に働いたという結果で非常に信頼度が高い実験です。

 

エクオールは、肌に関する事ばかりが注目されていますが、健康面でも非常に重要な物質です。更年期になると女性ホルモンの低下がみられます。ですが、エクオールがその変わりに働いたり、骨密度の低下を防ぐ働きもあります。

腸内細菌がエクオールを作る

腸内フローラには、エクオールを作る事が出来る腸内細菌がいます。エクオールを作る事が出来る乳酸菌には、「ラクトコッカス20-92」がいます。

 

この乳酸菌は、大豆に含まれているイソフラボンをエクオールに変える働きがあります。エクオールを作る細菌を持っていれば、美肌を保つ事が出来るようになります。

 

しかし、エクオールを作れる人と作れない人がいます。エクオールは、腸内細菌が作ります。エクオールを作る事が出来ない人は、エクオールを作る腸内細菌を持っていないんです。

エクオールを作れない人はどうすればいいの?

エクオールを作る事が出来ない人は、どうすればいいのでしょうか?それは、エクオールのサプリメントを摂取するしかありません。
毎日飲むのが大変かもしれませんが、現状ではその方法が一番です。

 

腸内にエクオールを作る菌を済ませればいいのですが、これが非常に難しいです。外部から得た乳酸菌は、腸内に棲みつかせるのが難しい事が分かっています。

 

現に、ヨーグルトで得た乳酸菌も腸内に棲ませるんが難しいです。取り入れた菌は、2〜3日程度棲んた後は、便となって排泄されてしまいます。だから、毎日しっかりととる事が出来ます。