腸内フローラ 血糖値 糖尿病

短鎖脂肪酸8が血糖値・糖尿病を改善できるかも?

 

こんにちは、腸内フローラを改善する事ができれば、血糖値や糖尿病を改善できる可能性があるとか?

 

まだ、完全に解明されてないないので軽々しく改善や治るなん事は言えません。

 

だから、過度な期待をせずにこれkらの内容を読んでください。


 

腸内フローラと血糖値との関係とは?

糖尿病患者の腸内フローラは短鎖脂肪酸の生産力が低い

糖尿病は、血糖値のコントロールが上手くいかなくなり体の血管を傷つけてしまう病気で合併症になる恐れが高く非常に危険な病気です。本当に危険ななので血糖値が高いと注意されたときからしっかり改善する事が大切です。

 

糖尿病になってしまうのは、糖質を取り過ぎてしまったり、運動不足が原因になると思います。その結果、肥満となりインスリンの分泌や効きが悪くなってしまいます。

 

脂肪細胞が肥大化する事で肥満になるのですが、脂肪細胞が肥大化されてしまうと血液中に有害物質を出して血糖値をコントロールする機能が破壊されてしまいます

 

このような糖尿病患者の腸内フローラを調べると短鎖脂肪酸を作る細菌が少ない事が分かっており、産生量が減ってしまっているのが分かりました。これらを改善する事でどの程度かは分かりませんが、改善する事が出来るのではないかと考えられています。

短鎖脂肪酸がインスリンの分泌を促す

食後に血糖値が上がってしまうのは、インスリンの分泌が悪くなってしまっているからです。食後高血糖を防ぐためには、糖の吸収を抑えたり、インスリンの分泌をよくする事が考えられます。

 

その中でも、インスリンの分泌を促すのに短鎖脂肪酸が関係している事が分かっています。短鎖脂肪酸がインクエチンというホルモンを分泌させる働きがあります。

 

このインクレチンは、膵臓に働きかけてインスリンの分泌を促す働きがあります。つまり、短鎖脂肪酸を分泌出来るような腸内フローラを作る事ができれば血糖値のコントロールが上手になり改善できるのではないかと考えられています。

 

現状の医学では、糖尿病の克服は非常に難しいです。進行を遅らせることが出来ても治すとなるとまた全然違うようですね。糖尿用は非常に怖いです。しっかりと医師と相談て治療をするようにしましょう。