グリシンサプリの効果でスッキリ起きれる|質の高い睡眠をサポート

腸内フローラダイエットで痩せ体質に変えよう!!

 

こんにちは、中島です。

 

このページでは、腸内フローラダイエットのやり方を紹介しています。

 

厳密にやり過ぎると分からなくなってしまうので、読者が分かりやすいようにあいまいになっている部分がありますが、ご了承ください。


腸内フローラとは?

私達の腸内には、多種多様な種類の菌が存在しています。その菌の織りなす生態系を「腸内フローラ」や「腸内細菌叢」と言います。腸には、100〜1000兆個の菌が生息しており、似たような働きを持つ腸内細菌同士が集まっています。

 

 

腸内細菌のグループは、大きく分けると3つに分ける事が出来ます。腸内に良い影響を与える「善玉菌」腸内に多過ぎると悪影響を与える「悪玉菌」どちらでもない「日和見菌」の3つです。

 

 

理想的な腸内フローラは、善玉菌が2割りで悪玉菌が1割り、残りの7割りが日和見菌です。腸内細菌の半分以上が日和見菌になります。このバランスを維持する事が腸内フローラを整えるという事になります。

 

そのためには、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の働きや善玉菌を増やす方法について理解する事がとても大切です。以下から菌について解説していきます。また、腸内フローラを整える事の重要性についても解説していきます。

 

【目次】

1. 腸内フローラダイエットとは?
 1.1 腸内フローラの乱れが肥満につながる 
 1.2 デブ菌をマウスに移植すると太る
 1.3 痩せフローラは短鎖脂肪酸のおかげで痩せる
2. デブ菌を減らして痩せ菌を増やすには?
 2.1 善玉菌を増やす「シンバイオティクス」  
 2.2 食物繊維が善玉菌の餌になる  
 2.3 ビフィズス菌の餌になるオリゴ糖も取り入れる
 2.4 腸が大好きな発酵食品
 2.5 乳酸菌・ビフィズス菌サプリメントがお勧め
3. 腸内フローラを整えるサプリメント3ヶ月体験レビュー
 3.1 プレミアムスリムビオを3ヶ月飲んでみる
 3.2 3ヶ月で痩せるために行った事
 3.3 腸内フローラダイエットの実践結果まとめ

腸内フローラダイエットとは?


腸内フローラの乱れが肥満につながる 

腸内フローラが乱れが肥満体質の原因になっている可能性があります。痩せている人と太っている人の腸内フローラを調べて比べてみると「腸内フローラの違い」がある事が分かりました。

 

分かりやすくするために、腸内フローラには、「痩せ菌」と「デブ菌」の2種類が存在します。肥満の方の腸内フローラは、痩せ菌が極端に少なくデブ菌が多い状態なんです。

 

デブ菌が多くなると脂肪細胞の肥大が止まらなくなってしまうのです。肥満は、脂肪細胞と呼ばれる細胞が血液中の栄養素をどんどん吸収して肥大化する事で太るわけです。

 

腸内フローラを整える事で、「肥満フローラ」から「痩せフローラ」に変える事は可能なんです。つまり、デブ菌を減らして痩せ菌を増やすためには、腸内フローラを「善玉菌:日和見菌:悪玉菌=2:7:1」の理想的なバランスにする事が大切なんです。

デブ菌をマウスに移植すると太る

マウスによるデブ菌と痩せ菌の実験を行いました。それは、「痩せている人」と「太っている人」の腸内フローラをそれぞれ無菌マウスに移植したらマウスはどうなるのか?という実験です。

 

二匹のマウスは、それぞれ「痩せている人の腸内フローラ」と「太っている人の腸内フローラ」を持っている事になります。1ヶ月、同じ餌と運動量で観察すると1匹に変化が出ました。

 

痩せている腸内フローラを移植したマウスは、何も変化がなかったのですが、太っている人の腸内フローラを移植したマウスは、脂肪がどんどん増えていき太ってしまったのです。

 

肥満体質の人は、腸内フローラのバランスが悪いのが原因である可能性があります。逆に痩せている人は、腸内フローラが整えっていて痩せ菌が多いわけです。

痩せフローラは短鎖脂肪酸のおかげで痩せる

太っている人の腸内フローラと痩せている人の腸内フローラでは、具体的に何が違うのでしょうか?これを解くカギは、日和見菌にあります。

 

日和見菌には、「悪玉菌が好きなフィルミクテス」と「善玉菌が好きなバクテロイデス」があります。フィルミクテスがデブ菌と言われており、バクテロイデスが痩せ菌と言われています。腸内フローラの善玉菌の割合を多くして日和見菌を善玉菌の味方に付ける事で痩せ菌がしっかりと働くわけです。

 

痩せ菌であるバクテロイデスは、口から入ったら食べ物を分解して短鎖脂肪酸を作ります。この短鎖脂肪酸は、脂肪細胞が血液から栄養を吸収するのを抑えて肥大化するのを防ぐ働きがあるのです。

 

脂肪細胞は、短鎖脂肪酸を感知する働きがあるので栄養を取り込むのをやめます。なおさら、脂肪を溜め込まないようにするためにも短鎖脂肪酸は重要になってきます。また、短鎖脂肪酸は、交感神経にも働いて全身の代謝が活発化しています。

 

短鎖脂肪酸は、脂肪の蓄積を防ぎ、消費を促す2つの働きがあるので肥満を防ぐため太らない体質にするために痩せ菌が重要なんです。

デブ菌を減らして痩せ菌を増やすには?

善玉菌を増やす「シンバイオティクス」

痩せ菌をしっかり働かせるためにも腸内フローラの善玉菌の割合を多くしないといけません。善玉菌を増やすためには、新バイオティクスが大切です。シンバイオティクスは、プロバイオティクスとプレバイオティクスの両方を同時にとる事です。

 

プロバイオティクスは、腸内に良い影響を与える美成分、食品が含まれている物で代表的な物はヨーグルトなどです。プレバイオティクスは、人の腸に棲んでいる善玉菌の餌になる物で代表的な物はオリゴ糖などです。

 

つまり、普段の食事でも好きな物ばかり食べたるのではなく、プロバイオティクスとプレバイオティクスを意識して食事をする事が大切になります。以下から善玉菌を増やすための食べ物を紹介するので意識して食べるようにしましょう。

食物繊維が善玉菌の餌になる  

食物繊維は、善玉菌の餌になりますしバクテロイデスは、食物繊維を餌として生きているので野菜は積極的に取らないと腸内フローラダイエットになりません。菌の餌になるので食物繊維は、プレイバイオティクスです。

 

食物繊維と言っても不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。不溶性食物繊維は、腸の動きを促したり腸の中で水分を含んで便のカサを増やします。不溶性は、きのこ類、豆類、穀類に多く含まれています。

 

水溶性食物線維は、腸の中で水分を含んで便を柔らかくする働きがあります。また、有害物質を排除する働きもあります。水溶性は、海藻類、野菜類、果物類に多く含まれています。

 

どちらか一方を取るのではなくバランスが大切です。理想的なバランスは、不溶性:水溶性=2:1です。ちょっとだけでもいいので意識してみましょう。

ビフィズス菌の餌になるオリゴ糖も取り入れる

オリゴ糖は聞いたころがある方が多いと思います。便秘になったらオリゴ糖がお勧めと言われていますよね。それは、菌の餌になって腸内フローラを改善する事が出来るからです。

 

オリゴ糖は、人間の消化酵素では分解できないので大腸まで運ばれます。大腸には、ビフィズス菌という善玉菌が生息していてオリゴ糖を餌に繁殖していきます。

 

ビフィズス菌は、酵素の力を利用して乳酸や酢酸を作り腸内を酸性します。酸性になると悪玉菌が繁殖しにくくなります。酢酸は、短鎖脂肪酸です。そのため、脂肪細胞の働きを抑える事が出来ます。

発酵食品やオリーブオイルがお勧め

プロバイオティクスで有名なのがヨーグルトですが、他にも発酵食品は善玉菌を取り入れるのにとてもお勧めです。現在では、あまり食べなくなってしまったかもしれませんが、納豆、みそ、漬物など積極的にとるようにしましょう。

 

日本食品だけでなくヨーグルト、キムチ、チーズもお勧めです。ただ、チーズは、カロリーが高いので食べ過ぎには注意した方が良いです。

 

オリーブオイルや青魚に含まれているDHAやEPAなども腸にとっていい働きをするので食べた方が良いです。

乳酸菌・ビフィズス菌サプリメントがお勧め

食事の改善だけでも腸内フローラをしっかりと整える事は可能です。乳酸菌・ビフィズス菌サプリメントで手軽に摂取する事が出来るので利用してみるのもいいと思います。

 

乳酸菌やビフィズス菌を直接とる事で善玉菌を増やす事が出来るので腸内環境が良くなりますし、菌だけでなくオリゴ糖などの菌の餌になる成分も含まれています。

 

1人暮らしで食生活が偏ったり、バランスの良い食事ができないという人はサプリメントでサポートする事をお勧めします。菌活は、食事を改善する事が大切ですが、同時にサプリでサポートするとより腸内フローラを改善する事が出来ると思います。

腸内フローラを整えるサプリメント3ヶ月体験レビュー

プレミアムスリムビオを3ヶ月飲んでみる

腸内フローラダイエットのために、「プレミアムスリムビオ」を飲んでみる事にしました。私は、半年間毎日5キロは走っていたのですが、一向に体重が93キロから減りません。そこで、腸内フローラダイエットのために食生活とサプリメントを服用を始めてみました。

 

2月1日現在では、体重が93.1キロでした。これからどのように体重が変化してくのでしょうか?

 

 

3ヶ月で痩せるために行った事

 

 

腸内フローラダイエットの実践結果まとめ