腸内フローラを整えると短鎖脂肪酸が脂肪細胞の肥大を抑える

短鎖脂肪酸が脂肪細胞の肥大化を抑える

 

こんにちは、中島です。

 

腸内フローラを整えて痩せ菌を増やす事で短鎖脂肪酸を作ってくれます。

 

この短鎖脂肪酸が脂肪細胞の肥大化を抑えてくれるんです!!


腸内フローラとは?

私達の腸内には、多種多様な種類の菌が存在しています。その菌の織りなす生態系を「腸内フローラ」や「腸内細菌叢」と言います。腸には、100〜1000兆個の菌が生息しており、似たような働きを持つ腸内細菌同士が集まっています。

 

 

腸内細菌のグループは、大きく分けると3つに分ける事が出来ます。腸内に良い影響を与える「善玉菌」腸内に多過ぎると悪影響を与える「悪玉菌」どちらでもない「日和見菌」の3つです。

 

 

理想的な腸内フローラは、善玉菌が2割りで悪玉菌が1割り、残りの7割りが日和見菌です。腸内細菌の半分以上が日和見菌になります。このバランスを維持する事が腸内フローラを整えるという事になります。

 

そのためには、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の働きや善玉菌を増やす方法について理解する事がとても大切です。以下から菌について解説していきます。また、腸内フローラを整える事の重要性についても解説していきます。

 

痩せ菌と短鎖脂肪酸の関係とは?

短鎖脂肪酸の働きとは?

短鎖脂肪酸は、脂肪細胞の肥大化を抑える働きがあります。脂肪細胞は、血液中の栄養素を吸収して脂肪の粒を溜めて肥大化します。

 

しかし、短鎖脂肪酸が脂肪細胞に働きかける事で脂肪をため込む働きを抑えて肥大化を防ぐ事が出来るんです。脂肪細胞には、短鎖脂肪酸を感知するセンサーがあります。

 

そのため、短鎖脂肪酸が発生すれば脂肪細胞の暴走にブレーキをかける事が出来るようになっています。これは、余計な脂肪を溜め込まないよう人間の身体はなっているんですね。

 

だから、肥満体質で困っている方は、痩せやすい体質にするためにも短鎖脂肪酸をしっかり作る菌が必要なんです。それをいわつる、痩せ菌と呼んでいます。

痩せ菌が短鎖脂肪酸を作る

腸内フローラの痩せ菌と言われている菌が短鎖脂肪酸を作ります。代表的なのは、日和見菌であるバクテロイデス菌などです。善玉菌が好きな日和見菌が短鎖脂肪酸を作ります。

 

ただ、短鎖脂肪酸を作るのは、バクテロイデス菌だけではありません。短鎖脂肪酸を作る菌は、他にも色々と発見されています。そしで、どの菌が一番痩せるために必要な菌かもわかっていない状態なんです。

 

これが重要だと思うのですが、1種類の菌だけが大切なのではなく細菌たちのチームワークが一番大切です。だから、腸内フローラをしっかり整えて細菌たちがしっかり活躍する状態にしてあげましょう。

短鎖脂肪酸を作るためにはどうしたらいいのか?

痩せ菌が短鎖脂肪酸を作る事は理解できたと思います。しかし、腸内フローラが悪玉菌の方が優勢になり腸内フローラが乱れているとデブ菌の働きが強くなり太りやすい体質になってしまいます。

 

そうならないためにも、善玉菌を優勢にしてバクテロイデス菌の働きを強くしなければなりません。善玉菌の方が優勢になれば、日和見菌であるバクテロイデス菌が短鎖脂肪酸を作りやすくなるためです。

 

また、大腸に多く存在しているビフィズス菌も乳酸と一緒に酢酸を作ります。短鎖脂肪酸というのは、酢酸、酪酸、プロピオン酸という3つの物質の総称です。

 

酢酸は、短鎖脂肪酸であるので、善玉菌を優位にする事でビフィズス菌が酢酸を産生して脂肪細胞の肥大化を抑える事が出来るわけです。

 

また、短鎖脂肪酸は交感神経にも作用して全身の代謝をアップさせる働きがあるのでより痩せやすい体質になります。

痩せ菌を増やす方法とは?

プロバイオティクスで善玉菌を増やす

プロバイオティクスは、体にいい影響をもたらす微生物の事です。微生物というと気持ち悪いかもしれませんが、乳酸菌などの事です。

 

ラクトバチルス菌は、ヨーグルトに良く含まれている乳酸菌の一種です。ヨーグルトを普段から食べている人は、既にプロバイオティクスを食べている事になります。ただ、ヨーグルトに含まれている菌があたなの体に合うわけではありません。

 

人によって腸内細菌の種類が違うので相性が良い物と悪い物があります。だから、自分の腸と相性がいい物を見つける必要があるんです。

 

また、ヨーグルトだけでなく発酵食品もプロバイトティクスです。納豆やみそ、漬物、キムチなどです。普段の食事から積極的にとる事をお勧めします。

 

体外からと入れたプロバイオティクスは、腸の中に定着するわけではありません。2、3日に排泄されてしまうので毎日プロバイオティクスを食べる必要があります。

プレイバイオティクスで善玉菌を増やす

プレイバイオティクスは、人の腸に棲んでいる善玉菌の餌になるものです。食物繊維がそれにあたります。食物繊維は、バクテロイデス菌の餌になります。

 

食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類があり、バランスよく摂る事が大切になってきます。腸の蠕動運動を促したり、便のカサを増やすしたりと腸にとっては大切な栄養素と言えます。

 

また、オリゴ糖も同じくプレバイオティクスです。オリゴ糖は、人間の消化酵素ではほとんど分解できずに大腸まで運ばれます。大腸には、善玉菌であるビフィズス菌が生息していてオリゴ糖を餌に繁殖していき乳酸や酢酸を作ります。

 

プレイバイオティクスは、善玉菌の餌になるのでプロバオティクスだけでなくプレバイオティクスも一緒に摂る事が大切です。それをシンバイオティクスと言います。

腸内フローラを整えるためのサプリを利用

腸内フローラは、食事内容を改善するだけでも十分に改善する事は可能です。ですが、乳酸菌・ビフィズス菌サプリを併用する事でより腸内フローラを整える事が出来ます。

 

乳酸菌やビフィズス菌以外にも菌の餌となるオリゴ糖が配合されていたりと腸内フローラを整えるサポートをしっかりしてくれます。サプリメントでしか