腸内フローラの痩せ菌が太りにくい体質を作る|痩せる菌を増やすサプリ

太りにくい体質には腸内フローラのバランスが重要

 

こんにちは、腸内フローラのバランスが良い人は太りづらいって知っていましたか?

 

そんなに食べてなのにすぐ体重が増えてしまう人は腸内フローラのバランスが悪いのかもしれません。

 

腸内フローラと体質についてご紹介していきます。


腸内フローラのバランスが悪いと肥満体質に!

痩せている人と太っている人の腸内フローラを調べると腸内フローラに違いが出ました。痩せている人には、痩せ菌が多くしっかり働いてくれます。

 

太っている人は、デブ菌が多く痩せ菌がしっかりと働いてくれないので太りやすい体質になってしまっているんです。でも、太っている人の腸内フローラは、努力しだいで痩せている人の腸内フローラに変える事が可能なんです。

 

腸内フローラを太りにくい腸内フローラを変えて食べても太りづらい体質になるように頑張りましょう!

 

腸内フローラのバランスが良いってどういう事?


腸内フローラとは?

私達の腸内には、多種多様な種類の菌が存在しています。その菌の織りなす生態系を「腸内フローラ」や「腸内細菌叢」と言います。腸には、100〜1000兆個の菌が生息しており、似たような働きを持つ腸内細菌同士が集まっています。

 


理想的な腸内フローラのバランスとは?

腸内細菌のグループは、大きく分けると3つに分ける事が出来ます。腸内に良い影響を与える「善玉菌」腸内に多過ぎると悪影響を与える「悪玉菌」どちらでもない「日和見菌」の3つです。

 

 

理想的な腸内フローラは、善玉菌が2割りで悪玉菌が1割り、残りの7割りが日和見菌です。腸内細菌の半分以上が日和見菌になります。このバランスを維持する事が腸内フローラを整えるという事になります。

痩せている人の腸内フローラの仕組みとは?

肥満は脂肪細胞の肥大が原因

肥満の原因は、食べ過ぎや運動不足ですが、脂肪細胞の肥大を抑えてコントロールする事ができないからです。肥満は、脂肪細胞が血液中の栄養分をどんどん取り込んで肥大化する事で起きます。

 

しかし、痩せている人は、脂肪細胞の肥大化を抑える事が出来るので太らないわけです。いくら食べても太らない人は、この脂肪細胞を抑える力が強いのではないかと思います。

 

脂肪細胞の肥大化を抑えるのに関係しているのが腸内フローラという事です。腸内フローラのバランスが良いと痩せ菌が短鎖脂肪酸を出して脂肪細胞の肥大化を抑える事が出来るんです。

痩せ菌が短鎖脂肪酸が作る

腸内フローラのバランスが良いと日和見菌である痩せ菌がしっかりと働いてくれます。 痩せ菌は、短鎖脂肪酸という物質を産生する事が出来ます。

 

短鎖脂肪酸は、腸に吸収されて血液に行き、脂肪細胞までたどり着く事が出来ます。たどり着いた短鎖脂肪酸は、脂肪細胞の栄養の吸収を抑えて肥大化するのを抑える事が出来ます。

 

また、脂肪細胞は短鎖脂肪酸を感知する事が出来るので感知したら栄養の吸収を抑える事が出来るので脂肪細胞の暴走を止める事が出来ます。

痩せ菌が機能するためにはどうしたらいいの?

痩せ菌と呼ばれているバクテロイデスは日和見菌です。日和見菌は、善玉菌と悪玉菌の割合で多い方に傾いてしまいます。そのため、善玉菌の割合を多くしないと痩せ菌がしっかりと働いてくれません。

 

腸内フローラのバランスを整える事がとても重要になってきます。また、痩せ菌と呼ばれるのは、短鎖脂肪酸を出すからなんですが、それは日和見菌であるバクテロイデスだけではありません。

 

善玉菌であるビフィズス菌も乳酸と一緒に短鎖脂肪酸を作ります。痩せ菌は、日和見菌だけでなく善玉菌にも存在していて、何も1種類だけではありません。

 

まだまだ、腸内フローラは分からない事が多く、1つ1つの菌がどのような働きをしているかは分かっていません。でも、腸内フローラを整える事は大切な事は分かっているのでそれはやるべきです。

痩せ菌が多く働く腸内フローラにするには?

普段の食事で食物繊維と醗酵食品を食べる

腸内フローラを整えるためには、食物繊維や発酵食品がお勧めです。野菜などの食物繊維は、腸内環境を改善するのにとてもお勧めなんです。

 

短鎖脂肪酸を作る細菌は、食物繊維を餌にして生きています。この細菌たちは、食物繊維を原料として短鎖脂肪酸を作っているので、食物繊維が不足するとこれらの菌が減ってしまいます。

 

だから、腸内フローラを整えるためにも食物繊維は毎日しっかりと食べた方が良いです。

 

醗酵食品は、プロバイオティクスと呼ばれる菌で、腸内を酸性にし悪玉菌が増えるのを抑える事が出来ます。納豆やみそ、漬物がお勧めです。

善玉菌の餌になるオリゴ糖を取り入れる

オリゴ糖は、腸の餌になるので善玉菌を元気にする事が出来ます。いわゆる、プレバイオティクスと呼ばれています。オリゴ糖は、液体状でも売られているので料理に入れてみるのもいいです。

 

オリゴ糖は、大豆、玉ねぎ、キャベツ、ゴボウ、アスパラガス、ハチミツに含まれています。ただ、オリゴ糖がたくさん含まれているかと言ったら多くはありません。ですが、毎日食べるのがお勧めです。

 

ただ、オリゴ糖の取り過ぎは、逆効果になってしまうかもしれません。オリゴ糖の取り過ぎは、お腹の張り、便を柔らかくしてしまうので下痢になってしまうかもしれません。

腸内フローラを整えるサプリメントを利用する

腸内フローラを整えるサプリメントを利用するのもありです。乳酸菌やビフィズス菌を取り入れらるだけでなく菌たち餌となるオリゴ糖なども配合されています。

 

普段の食事を改善するのが難しかったり、より腸内フローラを整えたいと思っているなら一度は利用してみるのがお勧めです。