腸内フローラと腸内酵素の関係とは?酵素ドリンクの補給は意味がない

腸内フローラを整えて腸内酵素力をつけよう!

 

こんにちは、中島です。

 

腸内酵素を働かせるには、腸内フローラを整えて腸を元気にする事が大切です。

 

腸内酵素力をつける事で健康や美容をサポートします!


 

 

 

 

腸内酵素力を健康と美容を決める

腸内酵素とは?

人間の腸には、100種類、1000兆個の腸内細菌が生息しています。この腸内細菌は、酵素を作り、新陳代謝のサポートしたり、体の機能、免疫力、骨粗鬆症に関係しています。

 

 

つまり、腸内酵素は、腸内細菌が作る酵素の事を言っているわけです。酵素には、色々な種類があり、その中でも人の細胞で作られる「消化酵素」と「代謝酵素」があります。

 

消化酵素は、炭水化物やたんぱく質を分解し、消化酵素が分解された栄養素をエネルギーなどに変える働きがあります。

 

腸内酵素の働きは、、人の消化酵素で分解できない食材を分解します。例えば、大豆イソフラボンや植物性の多糖類、海藻類などです。

腸内酵素の働きとは?

腸内酵素の働きは、人が分解できない食材を分解する事ですが、分解した後は、栄養素(ビタミンやミネラルなど)を作ったり、神経伝達に必要な成分を生成、有害菌の侵入を防いだりします。

 

しかし、腸内酵素は、良い働きばかりをするわけではありません。腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌と日和見菌の3種類があります。善玉菌が作り出す腸内酵素は、体に役立つ働きをしてくれます。

 

でも、悪玉菌が作り出す消化酵素は有害で、食べ物を腐らせたり、有害物質や有害なガズを出してしまいます。腸内環境をよくして善玉菌の割合を多くしないと体に良い腸内酵素を作りだす事が出来ないんです。

 

日和見菌は、善玉菌と悪玉菌の割合が多い方に味方をします。善玉菌の方が多ければ、日和見菌は善玉菌の味方をするので、良い消化酵素をたくさん出す事になるんです。

 

悪玉菌を完全に消滅させるのではなく善玉菌と悪玉菌と日和見菌の割合が大切なんです。以下が理想的な腸内フローラのバランスです。

 

 

良い腸内酵素を出すためには、腸内フローラを整える必要があります。

腸内環境が美容と健康に関係する

悪玉菌の方が優位になった腸内環境は、悪い状態だと言えます。腸内環境が悪いと、栄養素を上手に吸収できなかったり、免疫細胞の働きが低下します。そのため、有害物質を排除する事ができなくなってしまいます。

 

免疫細胞は、体に入った物が安全なのか悪い物なのか判断しています。悪い物は吸収せずに排泄するわけですが、免疫細胞の機能が落ちれば悪い物も吸収してしまいます。

 

そうなれば、肌荒れだけでなく病気にかかりやすくなってしまいますし、アレルギーが起こりやすくなると言われています。だから、善玉菌を優位にして体にいい働きをする腸内酵素を作る事がとても大切です。

腸内フローラを整えて腸内酵素力を身に着ける

酵素ドリンクで酵素を補ったとは言えない

 

 

 

 

食事の改善が腸内環境をよくする

 

 

 

 

 

 

腸内フローラを整える商品を利用する