乳酸菌が入った発酵食品が腸に善玉菌を増やし腸内フローラを整える

醗酵食品が腸内フローラを整える

 

こんにちは、中島です。腸内フローラを整えるためには発酵食品がお勧めです。

 

食生活が変わり発酵食品をとる機会が減っています。

 

それが腸内フローラのバランスが崩れている原因かもしれません。


 

醗酵食品が腸内フローラを整える

醗酵食品はプロバイオティクス

醗酵食品は、プロバイオティクスと呼ばれています。プロバイオティクスは、乳酸菌が含まれている食品の事です。腸内を酸性にして悪玉菌が増えるのを抑える事が出来ます。

 

例えば、ヨーグルトもプロバイオティクスです。ヨーグルトには乳酸菌が含まれているからプロバイオティクスです。他にも、納豆や漬物、みそ、キムチ、チーズなどもプロバイオティクスです。

 

こういった発酵食品は、善玉菌をとる事が出来るんで腸内フローラの改善につながります。しかし、欧米の食文化などが入ってきており、和食である発酵食品を摂る事が減ってしまった人も多いでしょう。

 

それが影響しているのか腸内環境が悪くなってしまい大腸がんになってしまう人が増えていますかもしれません。肉食の人は、腸内フローラが悪くなる傾向になります。動物性食品には、悪玉菌であるウォルシュ菌などが含まれているからです。

2種類の発酵食品

乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌、腸管乳酸菌の3種類があります。醗酵食品に含まれている乳酸は、同ブル性と植物性です。

 

動物性の乳酸菌は、発行乳や乳酸飲料、チーズです。お勧めなのは、植物性乳酸菌です。植物性乳酸菌は、漬物やみそ、穀類(納豆)などの醗酵食品です。

 

植物性乳酸菌は、胃酸に強い乳酸菌です。動物性の乳酸菌は、胃酸にやられてしまい乳酸菌が死んでしまいます。生きたまま腸にだどりつく事が出来ません。

 

ですが、植物性乳酸菌の場合は、生きたまま腸に届ける事が出来ます。また、食物繊維を一緒にとる事が出来るので乳酸菌が食べて繁殖する事が出来ます。

 

そういった意味でも、植物性乳酸菌がお勧めです。勘違いしてはいけないのは、胃酸で死んでしまった乳酸菌はダメではありません。善玉菌の餌になり繁殖する事が出来ます。

醗酵食品を食べるときの注意

乳酸菌は、胃酸に弱いので空腹のときに食べるとより乳酸菌が死んでしまう可能性があります。空腹時は避けるようにした方が良いです。

 

生きた菌が腸まで届いてもその菌が腸に棲み続けるわけではありません。むしろ、乳酸菌が腸で活動する事はほとんどありません。もともと出来ている腸内フローラに腸内細菌が定着するだけでのスキがないからです。

 

それだと乳酸菌をとっても無駄だと感じてしまいますが、そうではありません。摂取した乳酸菌は、2〜3日程働く事が分かっています。その間に、善玉菌が優位になる環境を作るサポートをしてもらえます。

 

腸内フローラのバランスが悪い状態であるならプロバイオティクスを取り入れて善玉菌が住みやすいようにサポートしてあげると腸内環境を改善しやすいと思います。