腸内フローラを整えて痩せ菌を味方に付けるヨーグルトダイエットとは?

 

ヨーグルトには、乳酸菌が含まれているので腸内フローラを改善するのにお勧めです。

 

ヨーグルトの効果や食べるときの注意点などを紹介していきます。


 

ヨーグルトの効果と働きとは?

ヨーグルトの効果とは?

ヨーグルトは、牛乳を乳酸菌を入れて出来たものです。このヨーグルトには、腸内フローラを整える事で色々な効果を期待する事が出来ます。

 

  • 腸内環境が改善されると免疫機能が高くなる
  • 肌の張りがよくなり乾燥を防ぐ事が出来ます。
  • ニキビの改善や紫外線のダメージを軽減

 

ヨーグルトを食べたら急激によくなる事はないと思います。中には、効果が出たという人がいるかもしれませんが、そんな簡単な事ではありません。

 

ヨーグルトは、発酵食品でいわゆる、プロバイオティクスという商品です。善玉菌が含まれている食品の事で、腸内を酸性にし悪玉菌が増えるのを抑える働きがあります。

自分に合ったヨーグルトを探す

ヨーグルトを食べるときには、自分に合ったヨーグルトを探す所から始めなければなりません。今、スーパーやコンビニで色々なヨーグルトが販売れていると思います。

 

それぞれ含まれている乳酸菌は、すべて同じではありません。乳酸菌にも種類があり、その効果・効能も違います。それが、自分の腸内環境と合うかは食べてみないと分からないのが現状です。

 

自分に合ったヨーグルトを探すには、2週間食べ続けて様子を見てください。ダメな場合は、お腹が張ったり、便秘がよくならない、下痢などの症状が出る場合があります。逆に、お通じがよくなったり調子がよくなればそのヨーグルトはあなたに合っている事です。
ちなみに、私はR1ヨーグルトを毎日飲んでいます。定期便をネットで申し込めるのでコンビニやネットで購入する必要がありません。

ヨーグルトは食べるタイミングが大切

ヨーグルトを食べるタイミングも重要です。ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、胃酸に弱くすぐに死んでしまいます。生きたまま菌を届けたいなら空腹時は避けるべきです。

 

食中や食後にヨーグルトを食べると空腹時に比べて胃酸の影響を受けにくいと思います。ちなみに、誤解がないようにしたいのですが、乳酸菌が胃酸にやられて死んだら意味がないわけではありません。

 

乳酸菌が生きたまま腸まで運ばれる事にそこまで重要ではありません。胃酸で死んだ菌も善玉菌の餌になるので、善玉菌の繁殖を助ける事が出来ます。

 

正直なところ、生きた菌がいいのか死んだ菌がいいのかを比較した事がないので現実的なところがまだ分かっていません。中には、それ程重要な事ではないと言われています。

乳酸菌がそのまま腸に定着するのか?

ヨーグルトで取り入れた乳酸菌は、自分の腸に住み着くのか?という点です。腸まで乳酸菌は、腸に定着する事はほとんどないです。2〜3日程度働いて排泄されます。

 

実際に、乳酸菌をと入れて便の検査をすると菌を確認する事ができますが、食べなくなってから便検査をすると菌を確認する事が出来なくなっています。

 

外部から取り入れた乳酸菌は、既に出来上がっている腸内細菌に住み着く余裕がありません。つまり、乳酸菌が粘液層に入る事が出来なかったんです。そのため、数日で排泄されてしまいます。

 

それだと、ヨーグルトを摂っている意味がないように思いますが、そうではありません、毎日、ヨーグルトを摂取する事で善玉菌を優位にしサポートをします。腸内フローラを改善する事につながります。

 

逆に、住み着かないのが良いという人もいます。ヨーグルトの菌が体に合わない場合もあるので、それが住み着いては大変ですよね。でも、すぐに排泄されるので、体に不利益を与えずに済みます。

腸内フローラを整えて痩せる体質に!

ヨーグルトの乳酸菌を取り入れて善玉菌の割合を増やす事で、腸内フローラが整えられます。腸内フローラを整えられると、日和見菌が善玉菌の味方をします。

 

日和見菌には、バクテロイデスという菌が痩せ菌と呼ばれており短鎖脂肪酸を作ります。この短鎖脂肪酸は、脂肪細胞の肥大化を抑える事が出来るためダイエットにいいと言われています。

 

腸内フローラを整える事で太りにくい体質になる事ができるでしょう!